東松島市 森の学校・校舎完成記念シンポジウム

-「森の学校」を全国へ発信、完成を記念し未来へつなぐ-
 

- 概要 -

2017年1月9日(月)に落成式を迎えた宮城県東松島市「宮野森小学校」。2011年3月11日の東日本大震災の直後から、「地域と共に生きる・自然と共に生きる」をテーマに、約5年半の歳月をかけて、被災した小学校の再建計画が進められてきました。被災地のこどもたちに希望を与える「森の学校」は、こどもたち、教員、行政などの地域の人々を中心に、地域外からの支援者の方々を交えて、都市計画家、建築家、環境保全の専門家が力をあわせることによって、ついに、完成の時を迎えました。本シンポジウムは、こうした「森の学校」を実現に導いた専門家や関係者が集い、多くの課題を乗り越えて完成に至った、事業実現までのプロセスやそこに込められた想いを報告します。東日本大震災を乗り越え、「森の学校」が成し得たものから「教育の未来」を考えるシンポジウムです。

- 詳細 -

  • 日 時 2017年3月4日(土)13:00~16:00
  • 会 場 東松島市宮野森小学校 多目的室
  • 内 容 シンポジウム、校舎見学会
  • 登壇者 
    • 宮城大学事業構想学部長・教授 風見正三氏
    • 東松島市教育委員会教育長 工藤昌明氏
    • シーラカンス K&H 株式会社/東洋大学 教授 工藤和美氏
    • 一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団 C.W.ニコル氏
  • 定 員 30名(一般参加)
  • 参加費 無料
  • 主催 宮城大学風見正三研究室
  • 後援 東松島市教育委員会、一般社団法人東北ソーシャルデザイン研究所ガイア都市創造塾

- お申込フォーム -

© 2016 by Gaia City Creation