top of page
エディター紹介
だいごろうさん.jpg
出井さん.jpg

自身を紐解くマスターキー

我々は何者か。


我々は、魂と言ってもいいし、心であり、精神といってもいい。


我々は、自分を肉体と思っている人が多い。

確かに肉体が自分を作っているが故に、肉体と捉えることもできる。


しかし、どちらが本当だろうか。


医学の先端研究では、11ヶ月で全ての体の細胞が、死滅し、

再生し、生まれ変わると言われている。

つまり、一年前の細胞は一つも残っていないということであり

肉体というのは、有限である。


かたや心はどうか。

一年前と変わらぬ自分がそこにいるという感覚がある。


肉体がどんなに変わっても、

心や精神、魂が変わらぬからこそ自分を見出せるのである。


肉体的な限界を感じることはあると思うが、肉体にとらわれずに、

心こそが、自分であるということを知って欲しい。


それが自身を紐解く哲学のスタートになるのである。


2021年2月

風見先生講話より

Gaiable Wind 5月26日 第97号


―――――――――――――――――――――――――――――――――――


編集者・早川大悟




←感想はこちらから




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

      風見正三定期講演会

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


「 知的思考法 まちづくりの実践 ガイアビレッジを創る 」

日程:2023年7月8日(土) 14:00-16:00

お申し込みURL: https://forms.gle/SDvjS7GLaeVCucRk6