top of page
エディター紹介
だいごろうさん.jpg
出井さん.jpg

見えていないことを知る力

今、社会は変革期を迎えているが

我々は、何を見ていけば良いのだろうか。


それには、本当に見えているかが重要になってくる。


我々は何を本当に見ているのか。


それは、何が見えていないのかを知ることが、

見るということである。


酔生夢死になってはならない。


往々にして、見えていないものには、気がつかない。

それ故に、見えていることを信じたがる。


常に起きている未来がある。

全て予兆は既に起きている。


未来の予兆に恐れを感じ、

見て見ないふりをしている人間にはなって欲しくない。


自分自身の旗印を掲げ、先頭を切って

社会の人々をあるべき方向へ導いていって欲しい。


2021年10月

GHAC 風見先生講話より

Gaiable Wind 10月28日 第67号


―――――――――――――――――――――――――――――――――――


編集者・早川大悟



←感想はこちらから




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


風見正三定期講演会 知的思考法の実践的活用法 地球環境時代のまちづくり -総集編- Our Common Futureを目指して

日程:2023年1月7日(土)14:00-16:00


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-




Photo by Shin Endo



コメント


bottom of page