top of page
エディター紹介
だいごろうさん.jpg
出井さん.jpg

最高の日々を送る

私たち人間は、

朝に目覚めて、夜に眠るサイクルを繰り返している。


例えるなら、朝に生まれて、夜にこの世から去る。

つまり、生と死を一日のうちに体験している。


今日、眠りにつくときに、明日の朝、目覚める保証はあるだろうか。

つまり、一日の終わりは死と同じである。


だから、人生の終わりが最高ではなく

今日一日が最高でなくてはいけない。


足りてないことを明日補うことはできるが

今日の段階で、ベストを尽くし最高であったと

思えることが大切。


今日一日が、最高の自分であったと言えるように

生きて欲しい。


そして、ベストを尽くす一日が与えられたことに感謝して

日々を邁進して欲しい。


2021年10月

GHAC 風見先生講話より

Gaiable Wind 12月23日 第75号


―――――――――――――――――――――――――――――――――――


編集者・早川大悟






←感想はこちらから




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


風見正三定期講演会 知的思考法の実践的活用法 地球環境時代のまちづくり -総集編- Our Common Futureを目指して

日程:2023年1月7日(土)14:00-16:00

お申し込みURL: https://forms.gle/z5YFb3VXRexv5kNQ7


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-